《十月十二日》人体に神秘ありけり秋湿り

医学の面で、現代科学で解明されていない部分がある。

血液の「血小板」が減ってゆく異常。ピロリ菌が主因だそうだが、その解明も充分でないらしい。

「これが解明できたらノーベル賞ものだね」と大学生のインターンと話した。

●季語=秋湿り

著者略歴

大牧 広(おおまき・ひろし)

1931年東京生。40代より作句を始める。「沖」入会、「沖」新人賞、「沖」賞受賞、第64回現代俳句協会賞受賞 第30回詩歌文学館賞受賞、第4回与謝蕪村賞受賞、第3回俳句四季特別賞受賞、第15回山本健吉賞受賞。句集『父寂び』『某日』『午後』『昭和一桁』『風の突堤』『冬の駅』『大森海岸』『正眼』『地平』(角川書店)。他に、『季語別大牧広句集』(ふらんす堂)『シリーズ自句自解Ⅱベスト100大牧広』(ふらんす堂)等。

現代俳句協会会員、日本ペンクラブ会員、国際俳句交流協会会員、日本文藝家協会会員。

 

 

無断転載・複製禁止

バックナンバー

  • 10月21日:東京は好きになれざり雁渡し
  • 10月20日:ひろびろとかの秋燕になりたしよ
  • 10月19日:秋夕焼薬袋の嵩張りし
  • 10月18日:干柿の甘くやはらかペン運び
  • 10月17日:錦木や遠まなざしの濃くなりぬ
  • 10月16日:短日の杖の歩幅のちさくなる
  • 10月15日:駅の灯のなまじ澄みゐて秋深む
  • 10月14日:いくらかは病後なりけり菊供養
  • 10月13日:新蕎麦に箸をからめるてふ至福
  • 10月12日:人体に神秘ありけり秋湿り
  • 10月11日:既視いつも学校が出て秋深む
  • 10月10日:朴の実や記憶といふはさびしかり
  • 10月9日:この杜に覚えありけり鳳仙花
  • 10月8日:跳箱を跳べたる日ありいわしぐも
  • 10月7日:本当の笑ひ必要ふかし藷
  • 10月6日:病院を三科廻りしいわしぐも
  • 10月5日:敗戦の年の秋雨忘れまじ
  • 10月4日:きびきびと牧閉されし一集落
  • 10月3日:秋深みゆきヘルパーを頼みけり
  • 10月2日:いつまでも日に当りたる吊し柿
  • 10月1日:ゆるやかな山坂団栗ころがるため
  • 9月30日:呟きは愚痴となりゆく今年酒
  • 9月29日:彼岸花と雲のみ人の心知る
  • 9月28日:せめてもの励ましの文読みて秋
  • 9月27日:花園や俳句は季語か内容か
  • 9月26日:ゆつくりとたしかに搖れし芒達
  • 9月25日:泉下てふ思ふことあり秋の風
  • 9月24日:西瓜こまかく四角に切つてこそ旨し
  • 9月23日:うしろより秋風が来て吾に帰る
  • 9月22日:秋風や頭で食べる三度の餉
  • 9月21日:いわしぐも昭和いよいよ遠くなる

俳句結社紹介

Twitter