《十二月六日》線路にもホームにも霜生きぬかねば

中村与謝男

この句は中七の下で切れる。「生きぬかねば」ならないのは、言うまでもなく〈私〉だ。寒く冷たい夜が明け、駅のホームや鉄の線路が真っ白な霜に包まれている。それはまるで、遥々と広がる死のイメージと言うべきか。そこに立つ〈私〉は、〈生〉を請け負うかのような存在だ。まるで〈生きる〉ことが使命であるかのような──〈生〉の〈身代わり〉としての。

(『楽浪』二〇〇五年八月刊行) 季語=霜(冬)

著者略歴

田島健一(たじま・けんいち)

1973年東京都生まれ。
俳誌「炎環」同人
同人誌「豆の木」「オルガン」参加
句集『ただならぬぽ』

 

 

無断転載・複製禁止

バックナンバー

  • 12月31日:除夜の鐘僧の反り身を月光に(山田弘子)
  • 12月30日:断面のやうな貌から梟鳴く(津川絵理子)
  • 12月29日:水底のすみずみに日や年詰まる(藺草慶子)
  • 12月28日:行く年の水平らかに鳥のこゑ(岩岡中正)
  • 12月27日:ふかふかの手袋が持つ通信簿(井上康明)
  • 12月26日:霜掃きし箒しばらくして倒る​(能村登四郎)
  • 12月25日:ぬくもりは吹き残されてクリスマス(秋尾敏)
  • 12月24日:クリスマスケーキ買いたし 子は散りぢり​(伊丹三樹彦)
  • 12月23日:数え日の閂ゆるき父母の家​​(辻美奈子)
  • 12月22日:日が近くありて冬至の葎刈る(藤田あけ烏​​)
  • 12月21日:忘年や水に浸りてよべのもの​(山田露結)
  • 12月20日:お祈りをしたですホットウイスキー
  • 12月19日:まだもののかたちに雪の積りをり​(​片山由美子)
  • 12月18日:ほつこりを食ぶるほがほが言ふ人と(​茨木和生)
  • 12月17日:そのみづのどこへもゆかぬ火事の跡(大塚凱)
  • 12月16日:キャバ嬢と見てゐるライバル店の火事(​​北大路翼)
  • 12月15日:海峡に鯨うすむらさき縷々と(田中亜美)
  • 12月14日:湯豆腐や死後に褒められようと思ふ(藤田湘子)
  • 12月13日:魴鮄のつばさに瑠璃の斑を隠す​(大屋達治)
  • 12月12日:どれとなく彼方のものを鶴と指す(谷口智行)
  • 12月11日:冬菊の震への蝶におよびたる(石嶌岳)
  • 12月10日:ペンギンと共に師走を肱二つ(ドゥーグル・J・リンズィー)
  • 12月9日:冬の金魚家は安全だと思う(越智友亮)
  • 12月8日:白息を殺して人を通すかな(西山ゆりこ)
  • 12月7日:寒鴉歩く聖書の色をして(高勢祥子)
  • 12月6日:線路にもホームにも霜生きぬかねば(中村与謝男)
  • 12月5日:上着きてゐても木の葉のあふれ出す(​鴇田智哉)
  • 12月4日:狐火消ゆ金の狐をしたがえて​(齋藤愼爾)
  • 12月3日:ふくろふと向かひあはざるふくろふよ(青山茂根)
  • 12月2日:兎に角も詩人に博徒ぞ空つ風(水野真由美)
  • 12月1日:さざんくわはいかだをくめぬゆゑさびし

俳句結社紹介

Twitter