ただならぬぽ2017.2.10

 

田島健一句集『ただならぬぽ』

 

田島健一句集『ただならぬぽ』

 

四六判ソフトカバー装。222頁。
 
著者の田島健一(たじま・けんいち)さんは、1973年東京生まれ、東京在住。石寒太に師事。「炎環」同人。同人誌「豆の木」「オルガン」に参加している。本句集は第1句集となる。序を石寒太主宰が寄せている。
 
 
本句集の装釘は和兎さん。
 
やはり「海月」に登場してもらった。
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
一見「海月」は見えない。
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
ここではまだ見えないのだが、いる。
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
わかるだろうか。
「ただならぬぽ」の上あたりを漂っているのである。
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
表紙。
この用紙にたどりつくまで、和兎さんは苦労した。
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
やわらかな風合いがいい。
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
こちらは裏側に海月。
これは分かるでしょ。
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
見返しも表紙と同じ用紙。
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
青い海を思わせる表紙。
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
ここにも「海月」
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
青の扉はほんの少しみえるほどに。
 
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
田島健一句集『ただならぬぽ』
 
 
「海月」の姿がやっと現れた。
ひらがなの句集名と海月の浮遊感。
しかし、句集のつくりそのものは骨格のある仕上がりとなった。
 
 
(ふらんす堂「編集日記」2017/2/7より抜粋/Yamaoka Kimiko)
 

俳句結社紹介

Twitter