《九月十四日》差し違ふるごとく間近を走りあふ電車のはらわたの中にゐる

みなかみ町から東京へ。いつものことながら、人も車も多い。かつて「啄木をころしし東京いまもなほヘリオトロ-プの花よりくらき」(『火の橘』)と歌ったことがあるが、東京は多くの人びとを引きつけ吸い込むすさまじいエネルギーをもっている。今日は夕方から神田の学士会館で現代歌人協の理事会に出席。

著者略歴

伊藤一彦(いとう かずひこ)

昭和18年、宮崎市に生まれる。早稲田短歌会を経て、「心の花」に入会し、現在選者。
歌集に『海号の歌』(讀賣文学賞)、『新月の蜜』(寺山修司短歌賞)、『微笑の空』(迢空賞)、『月の夜声』(斎藤茂吉短歌文学賞)、『待ち時間』(小野市詩歌文学賞)、また歌集『土と人と星』及び評論『若山牧水―その親和力を読む』により現代短歌大賞・毎日芸術賞・日本一行詩大賞を受賞。若山牧水記念文学館館長。宮崎市に住む。

 

無断転載・複製禁止

バックナンバー

  • 9月22日:水音は烏鳴く声は歌ならむ 文字もちて人は歌失ひしか
  • 9月21日:薄切りのへべすびつしり浮かべたる出(だ)汁(し)よき麺よきうどんの香り
  • 9月20日:食事中に箸おいてふと黙りこみ「時間」旅してをりし母の眼
  • 9月19日:相手言う話に強く同意するときデスでなくやはりデスデス
  • 9月18日:歌もまた「うまさ」にあらず「要するに自分は自分の歌を作る」覚悟
  • 9月17日:録音に残りてをらぬ牧水のうるはしき声誰も聴きたし
  • 9月16日:篁子さん歌詠まざるは惜しけれど娘麻里さんひそかに詠めり
  • 9月15日:まさか孫に励まされつつ歌作り競ひあふとは夢にも思(も)はず
  • 9月14日:差し違ふるごとく間近を走りあふ電車のはらわたの中にゐる
  • 9月13日:牧水の眼(まなこ)もてながめ牧水の耳もてきかむ水のいのちを
  • 9月12日:難破待つ響きにきこゆ 日向灘より聞こえくる遠き潮騒
  • 9月11日:「生命」は目に見えて有りさりながら触れ得ず見えぬ魂(たま)きはる「いのち」
  • 9月10日:ヲロチのチ、イノチノのチ、チは霊力なりイノチ育つるチカラあるチチ
  • 9月9日:前に行きしゆゑ親しきかさにあらずヤマタノヲロチとスサノヲの国
  • 9月8日:月の船あふぎおもへり中心が江戸・東京の四百年余
  • 9月7日:夏惜しむ者もあるらむいちはやく秋にささぐる桜のもみぢ
  • 9月6日:「梁」といふ南の独立王朝の名を選びにし安永蕗子
  • 9月5日:静けさにまさる勁(つよ)さはなしと思ふ光おのづから白萩の花
  • 9月4日:たつぷりとへベスの果汁入れて飲む焼酎「あくがれ」プラトンを呼ぶ
  • 9月3日:弾圧に墓まで破壊されしマンショ時超えて生く祈りぞ生くる
  • 9月2日:岩屋より天照大神出でたるは赤子が子宮出づるに似るとふ
  • 9月1日:牧水もわたしも孫も十八年生まれぞ明治、昭和、平成の
  • 8月31日:「新」よりも「真実」こそが尊きか「ポスト真実」と言はれゐる今
  • 8月30日:チェックのシャツよく似合ひ微笑みの優しさ変はらぬ小紋潤氏よ
  • 8月29日:朝夕はさすがに秋の気配あり かく言ひたきに今年は異變
  • 8月28日:短歌とは蜜の大地とわれも思ふいたいたしき光も射せど
  • 8月27日:長崎と宮崎の人似てゐると書きし本ありオットリ、ノンビリが
  • 8月26日:ファンタジーや漫画を書きてゐし子らの今いかにをらむこの世あの世に
  • 8月25日:人つなぐはずの言葉が人と人分断 「ポスト真実」の今
  • 8月24日:陰膳を据ゑて百三十二杯注ぎてやらむ「神露」の酒を
  • 8月23日:生(いき)づらは生きいきした顔生(なま)づらは憎らしい顔 日向弁では

俳句結社紹介

Twitter