《一月十四日》冬草や尊かりける普通の日

外出すると、なぜか道端の雑草に目がゆく。けなげにちいさな花をつけている草には、そって触れていったりする。
普通に生きることが大切であると自分に言い聞かす。

●季語=冬草

著者略歴

大牧 広(おおまき・ひろし)

1931年東京生。40代より作句を始める。「沖」入会、「沖」新人賞、「沖」賞受賞、第64回現代俳句協会賞受賞 第30回詩歌文学館賞受賞、第4回与謝蕪村賞受賞、第3回俳句四季特別賞受賞、第15回山本健吉賞受賞。句集『父寂び』『某日』『午後』『昭和一桁』『風の突堤』『冬の駅』『大森海岸』『正眼』『地平』(角川書店)。他に、『季語別大牧広句集』(ふらんす堂)『シリーズ自句自解Ⅱベスト100大牧広』(ふらんす堂)等。

現代俳句協会会員、日本ペンクラブ会員、国際俳句交流協会会員、日本文藝家協会会員。

 

 

無断転載・複製禁止

バックナンバー

  • 1月23日:街の灯のいよいよ春の立つらしき
  • 1月22日:冬萌えの名もなき草をまのあたり
  • 1月21日:春を待つことに夜風のすさぶ夜は
  • 1月20日:老としていたはられしよ義仲忌
  • 1月19日:冬菜畑青春映画のやうな空
  • 1月18日:冬長し思索うばひしまつりごと
  • 1月17日:風邪気味の反省しきりの日なりけり
  • 1月16日:着ぶくれて元同僚と会ひにけり
  • 1月15日:一月も半ばとなりぬ芋雑炊
  • 1月14日:冬草や尊かりける普通の日
  • 1月13日:初山河世間が動きはじめたる
  • 1月12日:医師の声やさしかりけり雪中花
  • 1月11日:タクシーに無視されてをり冬夕焼
  • 1月10日:初句会懐しささへ覚えゐて
  • 1月9日:橙や仕事に優先順位決め
  • 1月8日:大粒の蜜柑を剝けば想ひろがる
  • 1月7日:戦中に似たもの食べし七種粥
  • 1月6日:揮毫てふいまだ苦手や冬青空
  • 1月5日:速達をポストに落す松の内
  • 1月4日:添削依頼はや届きたる四日なり
  • 1月3日:正月駅伝ヘリコプターの音近づく
  • 1月2日:賀状にもさまざまありて濁世なり
  • 1月1日:太箸といふ厳粛をいまさらに

俳句結社紹介

Twitter