《二月十四日》タクシーにぎくしやくと乗る春外套

横浜は坂が多い。
藤が丘もその例に洩れない。今日はその坂の上の句会場へ赴く。
時間にきびしい会館で選句・披講・講評を果さねばならない。参加した人達も真険である。
句道を磨くという感じになっている。

●季語=春外套

著者略歴

大牧 広(おおまき・ひろし)

1931年東京生。40代より作句を始める。「沖」入会、「沖」新人賞、「沖」賞受賞、第64回現代俳句協会賞受賞 第30回詩歌文学館賞受賞、第4回与謝蕪村賞受賞、第3回俳句四季特別賞受賞、第15回山本健吉賞受賞。句集『父寂び』『某日』『午後』『昭和一桁』『風の突堤』『冬の駅』『大森海岸』『正眼』『地平』(角川書店)。他に、『季語別大牧広句集』(ふらんす堂)『シリーズ自句自解Ⅱベスト100大牧広』(ふらんす堂)等。

現代俳句協会会員、日本ペンクラブ会員、国際俳句交流協会会員、日本文藝家協会会員。

 

 

無断転載・複製禁止

バックナンバー

  • 2月23日:結婚記念日水仙がくり傾きて
  • 2月22日:早春の野は想ふのみペン握る
  • 2月21日:紅梅や日ざしに力帯びてきし
  • 2月20日:あつあつの蜆汁など飲みたしよ
  • 2月19日:遠方の煙が折れて田植寒
  • 2月18日:踏切の風おそろしき余寒なり
  • 2月17日:ままごとのやうな夕餉や春の雁
  • 2月16日:西行忌川の匂ひのしてゐたり
  • 2月15日:春浅きやきとりの香の商店街
  • 2月14日:タクシーにぎくしやくと乗る春外套
  • 2月13日:戦前の風と思へり木の芽冷
  • 2月12日:しろがねの色もて二月の朝がくる
  • 2月11日:つちふるやパスモを落しさうになる
  • 2月10日:九十に近き齢や日脚伸ぶ
  • 2月9日:桜餅香りをすこしうたがひし
  • 2月8日:老つねに戦さ想ひし蜆汁
  • 2月7日:春の雲鬼籍はあそこかもしれぬ
  • 2月6日:春ごとのビル屹立の街にかな
  • 2月5日:浅春のいきいきとして組合旗
  • 2月4日:ときどきは日のゆらぎゐて午祭
  • 2月3日:如月の人を許さぬ風が吹く
  • 2月2日:ぎりぎりに句を紡ぎゐて寒明けし
  • 2月1日:どうにかして早梅を見に行かむ

俳句結社紹介

Twitter