《六月十三日》鵜のつらにかがりこぼれてあはれなり

荷兮かけい

篝火を焚いて鮎を集め、放った鵜に捉えさせるのが鵜飼。鮎を呑みこみ、水から顔を出した鵜の顔に、篝(鉄籠)からこぼれる火の粉が降りかかるのが、いかにも哀れ深いというのだ。ぬれぬれとした鵜の首に、あかあかとした火の粉が落ちてくるイメージは、水と火の饗宴といったらよいだろうか、いたましいながらも美しい。出典である『あら野』において、芭蕉の有名な「おもしろうてやがてかなしき鵜舟哉」の次に掲げられている句で、長良川の鵜飼いを詠んだもの。「鵜舟」の本意は「いとなみのかなしき体」(『俳諧雅楽集』)にあり、まさにこの句の印象そのものである。一見、下五の「憐也」は主観が過ぎるようにも思えるが、上五中七の描写がしっかりしているので、全体の〝景〟と〝情〟のバランスはうまく取れている。

(『あら野』)●季語=鵜(夏)

著者略歴

髙柳 克弘(たかやなぎ・かつひろ)

1980年 静岡県浜松市生まれ。2002年 「鷹」に入会、藤田湘子に師事。2004年 「息吹」五〇句によって俳句研究賞受賞。2005年 藤田湘子逝去。新主宰小川軽舟の下、「鷹」編集長就任。2008年 評論集『凜然たる青春』によって俳人協会評論新人賞受賞。2010年 第一句集『未踏』によって第一回田中裕明賞受賞。2017年、Eテレ「NHK俳句」選者。著書に『凜然たる青春』(富士見書房)、『芭蕉の一句』(ふらんす堂)、『未踏』(ふらんす堂)、『寒林』(ふらんす堂)、『NHK俳句 作句力をアップ 名句徹底鑑賞ドリル』(NHK出版)、『どれがほんと? 万太郎俳句の虚と実』(慶應義塾大学出版会)。読売新聞夕刊「KODOMO俳句」選者。浜松市やらまいか大使。

 

 

無断転載・複製禁止

バックナンバー

  • 6月19日:蛍火や吹とばされて鳰のやみ  去来
  • 6月18日:馬洗ふ川すそ闇き水鶏かな  北枝
  • 6月17日:おもふ事だまつて居るか蟇  曲翠
  • 6月16日:切られたる夢は誠か蚤の跡  其角
  • 6月15日:五月雨や長う預る紙づゝみ  杉風
  • 6月14日:あぢさゐを五器に盛らばや草枕  嵐雪
  • 6月13日:鵜のつらに篝こぼれて憐也  荷兮
  • 6月12日:蚕がひする人は古代の姿かな  曾良
  • 6月11日:庵(あん)の夜もみじかくなりぬすこしづゝ  嵐雪
  • 6月10日:田の水を見せて蛍のさかり哉  北枝
  • 6月9日:手のうへにかなしく消る蛍かな  去来
  • 6月8日:血を分けし身とは思はず蚊のにくさ  丈草(じょうそう)
  • 6月7日:蚊の声の中にいさかふ夫婦(めおと)かな  李由(りゆう)
  • 6月6日:五月雨の色やよど川大和川  桃隣
  • 6月5日:髪剃や一夜に金情(さび)て五月雨(さつきあめ)  凡兆
  • 6月4日:湖の水まさりけり五月雨  去来
  • 6月3日:酒ノ瀑布(たき)冷麦ノ九天ヨリ落(おつ)ルナラン  其角
  • 6月2日:草の戸に我は蓼(たで)くふ蛍かな  其角
  • 6月1日:渡りかけて藻の花のぞく流れかな  凡兆

俳句結社紹介

Twitter