《六月十四日》カーディガン肩に掛けたら夜が来る梅雨冷えはなぜこんなにさびしい

梅雨どきは、長袖では鬱陶しく、半袖だとやや冷える。

著者略歴

松平 盟子(まつだいら めいこ)

歌人、歌誌「プチ★モンド」代表

愛知県生まれ。南山大学国語国文学科卒。「帆を張る父のやうに」により角川短歌賞。歌集に『プラチナ・ブルース』(河野愛子賞)『カフェの木椅子が軋むまま』『天の砂』『愛の方舟』など。著書に『母の愛 与謝野晶子の童話』『パリを抱きしめる』など。与謝野晶子のパリ滞在とその文学研究のためパリ第7大学にて在外研究(国際交流基金フェローシップ)。現代歌人協会および日本文藝家協会会員。

 

無断転載・複製禁止

バックナンバー

  • 6月19日:丁重に作家太宰は入棺され女はムシロ掛けのままなりし
  • 6月18日:ファッションビル多くて丘の眺望なし自由が丘のゆるい坂くだる
  • 6月17日:東京を離れるのなら痩せなさいマツコ・デラックスのデラックス捨てなさい
  • 6月16日:満面の笑みはどこから湧き上がる巨漢のふたり旧知の笑みす
  • 6月15日:夏至という白い極みへむかう日々こころひいやり透明になる
  • 6月14日:カーディガン肩に掛けたら夜が来る梅雨冷えはなぜこんなにさびしい
  • 6月13日:くちなしの肌は濃き白 くちびるをほのかにあけて寄れりゆうぐれ
  • 6月12日:墓石は父と思えねど報告と祈りの言葉この石に告ぐ
  • 6月11日:豊橋着「ひかり」を降りて乗り換えて帰省の途(みち)は通勤に似る
  • 6月10日:縦書きの雨と思えり傘の骨ゆるりと撓(しな)るうちより見れば
  • 6月9日:雨ののち蛍うまれて光帯ぶ 遠い光を橋より見下ろす
  • 6月8日:雨にぬれ靴はたふたふ息をする歩こうなんて君が言うから
  • 6月7日:夕空をなめらかに切ってみんな消ゆ、この世の裏を飛ぶか燕は
  • 6月6日:風ふけば風にこたえて燕子花さわさわ瑠璃の翼ふるわす
  • 6月5日:パリの宵ことにも水無月すずしくてパッシー通りあかく暮れ初めし
  • 6月4日:さわさわと草揺れる間(あい)に川はあり川の息吹は風となりつつ
  • 6月3日:駅ビルの傘売り場には一本ずつ傘の人生はじまる気配
  • 6月2日:水無月の単衣はよろし紫の菖蒲さやかに裾にまとわせ
  • 6月1日:本番には半音ほども声上がらん水無月一日あめがふりそう
  • 5月27日:降るものは拒まず雨も悪口(あっこう)もおおきな傘に今日は消えるから

俳句結社紹介

Twitter