俳句雑誌 狩

「狩」は、古典を現代に生かし、作品本位を貫く俳句結社です。
狩俳句会は初心者の方には丁寧に指導いたします。月刊俳句誌「狩」への投句はもちろん、全国各地に支部がありますので、近くの句会や吟行会にも参加できます。
経験者の方には、更なる句作のレベルアップに役立つことでしょう。

 

鷹羽狩行

 

【主宰】 鷹羽狩行(たかは・しゅぎょう)
【略歴】 昭和5年10月5日、山形県生まれ。山口誓子、秋元不死男に師事。同53年「狩」創刊、主宰。毎日俳壇・NHK全国俳句大会などの俳句選者。公益社団法人俳人協会会長、公益社団法人日本文藝家協会常務理事、日本現代詩歌文学館振興会常任理事、国際俳句交流協会顧問、日本芸術院会員。
句集『誕生』(俳人協会賞)・『平遠』(芸術選奨文部大臣新人賞)・『十三星』『翼灯集』(毎日芸術賞)・『十五峯』(蛇笏賞・詩歌文学館賞)のほか、評論集、随筆集、入門書など著書多数。

 

(1) 見本誌希望の方

見本誌は一部500円になります。
下記メールフォームにお申込みいただきましたら、折り返し住所を記載したメールをお送りいたします。狩俳句会宛に「見本誌請求」と明記して500円分の切手を同封のうえ、封書でお送りください。見本誌をお送りいたします。

 

(2) 入会希望の方

●入会金は必要ありません。
●年会費(前納)
 ¥18,000(俳誌「狩」一年分の誌代/税・送料込)
●年会費は郵便振替にてお振り込みください。
 【口座】 00250-7-1554
 【口座名義】 狩俳句会
●入金を確認後、俳誌「狩」を発送します。
●「狩」に綴じ込みの投句用紙で投句してください。購読だけでも結構です。

 

見本誌希望の方 / 入会希望の方はこちらから

申し込みメールフォーム