カラファティア~メザ 夢で見たのと同じ広場で2022.5.20

 

 

 

詩人・そらしといろと歌人・松野志保によるつれづれ連載。旅の出来ない日常から抜け出してふたりの作り出すキャラクターが架空の世界を旅します。
SNSで知り合った顔の知らないふたりが、ひとりは最北から、ひとりは最南端から――果たしてふたりは世界の真ん中で出会うことができるのか。手紙のように作品を交換して一歩ずつ近づいていくふたり。
月2度の静かな熱の交換をお楽しみに。

 

 

 

カラファティア~メザ 夢で見たのと同じ広場で

〈R〉

 

 

明け方に到着したカラファティアの町には七つの塔と
もう座る者のいない玉座があった

 

 

 

ひときれのパン贖うに廃された王の美貌をとどめる硬貨

 

辻ごとに芸人たちは彫像のふり始まらぬ永遠を待ち

 

目瞑れば遠いみずうみその岸で君がやさしい葦であること

 

物売りが差し出す果実食めばまたこの町に戻れるとささやき

 

少しだけ傾く塔の下失くしても気づかないものを抱えて

 

古書店のあるじ喪服に身を包み火の冷たさを教えてくれる

 

花々は空の玉座に降りかかり 目には目をこころには心を

 

 

 

君に会うのに僕はうんと遠回りをしたい
終点まで
駅でそういって差し出された切符にはメザと書かれていた

 

 

 

僕が去る町の窓辺に薔薇の黄はこぼれてきっとおそらくどうか

 

 

Distance to you: 19,540km left.

 

――松野志保

 

 

 

 

作者略歴

松野志保(まつの・しほ)

Twitter:@matsuno_shiho

1973年、山梨県生まれ。東京大学文学部卒業。高校在学中より短歌を作り始め、雑誌に投稿。1993年、「月光の会」(福島泰樹主宰)入会。2003年から2015年まで同人誌「Es」に参加。

歌集『モイラの裔』(洋々社)、『Too Young To Die』(風媒社)、『われらの狩りの掟』(ふらんす堂)

 

無断転載・複製禁止

俳句結社紹介

  • 第7回田中裕明賞
  • 季語別 鷹俳句集アプリ
  • 鷹俳句会

Twitter