メザ 砂は積もり、歌い、流れてゆく2022.6.20

 

 

 

詩人・そらしといろと歌人・松野志保によるつれづれ連載。旅の出来ない日常から抜け出してふたりの作り出すキャラクターが架空の世界を旅します。
SNSで知り合った顔の知らないふたりが、ひとりは最北から、ひとりは最南端から――果たしてふたりは世界の真ん中で出会うことができるのか。手紙のように作品を交換して一歩ずつ近づいていくふたり。
月2度の静かな熱の交換をお楽しみに。

 

 

 

メザ 砂は積もり、歌い、流れてゆく

〈R〉

 

 

 

めざめても小雨 夢から持ち出した陶片ひとつ手に握りしめ

 

 

 

砂漠のほとりの町メザにその日、久しぶりの雨が降った

 

 

 

砂丘より吹く午後の風たましいについて語らうときの声音で

 

遠い人思う時間にくつくつと鍋にて煮出す茶葉とスパイス

 

雨季ののち渡りくる蝶もういない神が定めた掟を守り

 

 

 

君の言葉が届くのを待つ間
液晶画面にはたくさんの嘆きと怒りが流れていく
そのすべてに目を、心をとめることはできないほどの勢いで

 

 

 

 

皮膚それは最後の砦 卵液とミルクのようには混ざりあえずに

 

遠ざかる隊列(夜へ)遠からず消える足跡砂に刻んで

 

あらがわず風化を待っている神に供えることし最初の葡萄

 

 

雨がしみ込んだ砂はたちまち渇き
僕はかつて隊商たちが通った道へと踏み出す
地図のシスマヴィリという地名に印をつけて

 

 

 

君のいる町にも雨を よりかかる一本の樹があるさいわいを

 

 

 

Distance to you: 19,240km left.

 

――松野志保

 

 

 

 

作者略歴

松野志保(まつの・しほ)

Twitter:@matsuno_shiho

1973年、山梨県生まれ。東京大学文学部卒業。高校在学中より短歌を作り始め、雑誌に投稿。1993年、「月光の会」(福島泰樹主宰)入会。2003年から2015年まで同人誌「Es」に参加。

歌集『モイラの裔』(洋々社)、『Too Young To Die』(風媒社)、『われらの狩りの掟』(ふらんす堂)

 

無断転載・複製禁止

俳句結社紹介

Twitter