ル・タオ、あるいは多島海の真珠2022.9.20

 

 

 

詩人・そらしといろと歌人・松野志保によるつれづれ連載。旅の出来ない日常から抜け出してふたりの作り出すキャラクターが架空の世界を旅します。
SNSで知り合った顔の知らないふたりが、ひとりは最北から、ひとりは最南端から――果たしてふたりは世界の真ん中で出会うことができるのか。手紙のように作品を交換して一歩ずつ近づいていくふたり。
月2度の静かな熱の交換をお楽しみに。

 

 

 

ル・タオ、あるいは多島海の真珠

〈R〉

 

 

 

彼方にて君が零した美酒少し混じるゆうべの海のその色

 

 

 

 

うたたねから目覚めると船は多島海をゆっくりと進んでいた
島の向こうに次の島が その奥にまた別の島が現れる
やがてル・タオという小さな町が僕を迎え入れた

 

 

 

満ちて引く日々を重ねて深くなる海蝕洞に射す月あかり

 

凪を待つ人の横顔それぞれの真珠を胎に育みながら

 

引き潮が残す貝殻 楽園と呼ばれる場所でかなしむ者に

 

島影のひとつひとつに座す神に異なる歌を捧げて舟は

 

櫂洗う波のささやきここに海終わりあらたな海始まると

 

 

 

楽園にいるというのに 僕は
すでにもう次の場所へと発つことを考え始めている

 

 

 

 

いつの日か君に手渡す白珊瑚 僕の小指の骨の代わりに

 

 

 

Distance to you: 16,510km left.

 

――松野志保

 

 

 

 

作者略歴

松野志保(まつの・しほ)

Twitter:@matsuno_shiho

1973年、山梨県生まれ。東京大学文学部卒業。高校在学中より短歌を作り始め、雑誌に投稿。1993年、「月光の会」(福島泰樹主宰)入会。2003年から2015年まで同人誌「Es」に参加。

歌集『モイラの裔』(洋々社)、『Too Young To Die』(風媒社)、『われらの狩りの掟』(ふらんす堂)

 

無断転載・複製禁止

俳句結社紹介

Twitter