「松の花」
20周年お祝いの会2018.6.16

 

今日は、午後6時より、千代田区大手町にある「KKRホテル東京」にて俳誌「松の花」(松尾隆信主宰)の20周年のお祝いの会があった。yamaokaが出席していますこし前に戻ったところである。

 

紹介させていただく。

 

 

この20周年を記念するにあたって松尾隆信主宰は二冊の本を刊行された。
その本を中心に主にご挨拶をされたのである。

 

01

 

ご挨拶される松尾隆信主宰。

 

20周年を記念してこの『上田五千石私論』(東京四季出版刊)を刊行しました。小さな本なのでポケットに入れて読んでいただければと思います。これは第2句集からはじまります。というのは私が第二句集『森林』時代に上田五千石先生に出会ったのでした。第1章「眼前直覚の推移」で書いたものがメインとなっておりましてその後第1句集その他というかたちにしてあります。もちろん第1句集から読まれてもいいし、うしろに100句註をつけてありますのでそこから読まれてもかまわない、いろいろな入り方ができます。どこから読まれても結果的にひとまわりしていただければ全体像、立体像が出るのではないかと思います。できますれば一通りは読んでいただきたいと思います。本著はわたしの何十年と裏表になっている部分がありますので、来賓の方々、会員の皆さんに是非に読んでいただきたいと思います。

 

 

02

 

03

 

それともう一つは押しつけがましいのですが、わたしの『季語別句集』既刊8冊を編みました。これはまさに今日の日付、今日の発行となっております。わたしも今見たばかりという内容なんですが、ということで、今回は二冊本を編みまして、ひとつの区切りと致しました。
これからは「からっぽ」にして再出発という気持でおりますので、どうぞ皆さま、これからもよろしくお願い致します。

 

この『季語別松尾隆信句集』はふらんす堂刊行である。

 

 

 

 澄む秋のさらなる上を雲流れ   (句集『弾み玉』より)

 

 

 

松尾隆信主宰、そして「松の花」の皆さま
創刊20周年おめでとうございます。
心よりお祝いを申し上げます。

 

 

 

(ふらんす堂「編集日記」2017/10/20より抜粋/Yamaoka Kimiko)

俳句結社紹介

Twitter